www.materiauxcomposites.net

カードをショップにて利用する時、経験がおありではないかと考えますが、レジの担当者がわからないためにどちらのレシートをカード利用者の方に渡すのか迷うときがあるのではないでしょうか。といいますのも、クレジットを処理するとレジ端末より複数枚の使用明細というものが発行されるからでこのうちのどの1枚をお客さんの方へ差し出したら良いのかわからないというケースがあるのです。3枚1組の明細の内容●この複数の利用レシートの正体とは?ということについてまとめると下記の内容になります。1お客さんへ渡すべき利用明細。2お店の控え利用レシート。3カード会社控え用の紙(署名を書くレシート)。普段は例外なくお客さんのもとへ保管して頂く明細を渡してくれるのだが時には、店舗控え利用レシートの方を利用者の方に見間違えて渡してしまうというというパターンの他、サインをした方の利用レシートを渡してしまうといった事故すら見受けられます。このようなパターンはバイトスタッフや、普段からクレカが使われない店舗などの会計でカードを使用すると、そういった店舗スタッフの心の乱れが垣間見ることが出来るようです。もしもレジ担当者が間違った紙というものを提示してきた際にはどうぞ「これじゃありませんよ」などと教育して上げて欲しい。